会社 . 私たちは誰であるか

理念と企業価値

ルビアム社は1911年の創業以来、創業者であるルイジ・ビアンキの家系によって代々受け継がれているイタリアでも数少ないファミリー経営による創業100年を越える伝統的なサルトリアです。
ルイジ・ビアンキが持つ仕立てへの情熱により、ビジネスはすぐに軌道に乗り、 “Made in Italy” の品質の良さを世界に広めるきっかけとなりました。 現在のルビアム社は4代目ジュリアーノの息子、エドガード Jr.、ジョバンニとガブリエレとその従妹であるアンドレアによって大きく発展しました。その100年にわたる歴史と伝統を守りながらも、ハイクオリティな製品を作り続ける世界的な企業として新たなサルトリアの可能性を実現しています。

イタリア製

コレクションは伝統と革新を信条とするルビアムの哲学によって特徴づけられており.
100年の歴史の中で築き上げた経験とより飽くなき探究心との融合によって生まれています。その強みは生地選びを始めとする製品の様々な側面に生かされています。

マントヴァで行われた

様々なブランドが工場などを外注している昨今において、ルビアム社は自社で製品を生産している数少ないブランドです。自社で最終工程まで生産管理することにより、熟練した職人による高品質な製品を保証することができます。
ルビアム社のメインファクトリーではインスピレーションを直に製品に投影でき、細かい仕立てや、クオリティーの管理を工場レベルで行い、アイデアを最大限に生かすことを可能にしています。